『4匹の仔猫』と『母猫の繁殖制限』

先日4日、写真と共に相談がありました。

その方は。野良猫へ餌を与えている方ではなく、

以前より職場の隣にあるお宅での餌やり、、猫が増えていることを気にしていた方であり、
その餌やりさんには、何度か、避妊手術の話を、してくれていたようでした。

今回、
今までになく、職場内にて、仔猫を育てていたようで、
人に驚き逃げ出した母猫に、乳飲み子をどおしよう、、と、いう相談でした。

乳飲み子ですし、そのままにしていたら、親が運んでいくものでしょう。

でも、その仔猫が育つのか?と、いえば、仔猫の事を思えば、保護するべき。と。

だだ、お金も、時間もかかることの話を、しました。

私もすぐに連絡できなかったのもあり、
相談してくれた方も、様々な負担や責任を考えると、すぐに決められなかった事でした。

メールやラインではダメでした。
電話で話すと、仔猫らは、風邪症状あり、、な、様子とわかり、、
そうならば、母猫に返しても、生きられない

その後、
相談者さんも、保護を覚悟してくれたのですが。

その決断をした時には、仔猫は、母猫が引っ越した後で した。

1.jpg

風邪症状の話を聞くと、、
なんとか、引っ越し先を探したいもので、、

相談者さんも、早めに仕事に行き、さがしてくれました。

その後
引っ越し先、仔猫らの場所がわかり、
親猫の捕獲を試みたとの事。

失敗に終わりましたが、相談者さん、頑張ってくれていた。

今行くので、、なんて話してて、、話しながらも走る。
仲間も走ってくれた。

仔猫、引っ越ししちゃうかも。と、思いましたが、
仔猫はまだいる。と。


現地到着


あれ?!
仔猫は2匹だけ。



母猫、子猫を移動していました。

ならば、、、待っていたなら、きっと来る。

来たならば、母猫の後をつけ、、、どこが引っ越し先なのか、知りたい、、と、待機した。

こんな、状態では、子猫は生きられないと判断しました。

3-1.jpg 3-2.jpg


結局、母猫、現れず。

それでも諦められず、
保護した子猫をケージに入れ、母を待つも、、
来なく、、

4_20180610220956a87.jpg


仲間も、コソッと、母猫を待ちます。



監視している私に、
他の猫達が私を監視しにきていた。

5_20180610220957dd8.jpg



この日は。母猫の捕獲
残る乳飲み子2匹の保護。を、諦めました。

でも。諦めてません。
子猫も。母猫も。

今回、
餌を与えてきたわけではなく、ただ、見てしまった方が、子猫のご飯代から、病院代、親猫の避妊代と、全て負担してくれると、言ってくれました。

その方に、猫たちへの責任はないものなのに、助けてあげたい気持ちからです。

その気持ちが、あるからこそ、私たちも協力できることです。

生まれてきた命、優しい方へつなげたいと思います。

6_20180610220958b54.jpg



関連記事
●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。メールはこちら ・・・その他お問い合わせ等にも、こちらのメールフォームを御利用下さい。
カテゴリ
検索フォーム
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
Facebook
リンク
QRコード
QR