増えすぎた猫、、と、なる寸前

27日
ケージ生活の為に、少しでも落ち着くように、、と、ダンボールで小さな部屋を、、
お薬管理の為に、ダンボール明細プレートを、、
夜な夜な工作してみた。

securedownload1.jpg

27日、
ケージを置くスペース作り為に、家の中の荷物の移動。
避妊手術の為の捕獲を行う。

『音波さん、マル美さん、私』

音波さんは、仕事明け、寝ずに、、
マル美さんは、先日23日にも頑張ってくれて、今回二度目。
(あ。23日の荷物移動には、『マル美さん、あけみさん、ゆきさん、私』でした。)

パワフルな音波さん。
初の、未知の世界へようこそ、、と、招いたマル美さんも、躊躇せず(笑)
か弱い私。(嘘)

楽しみながら、片づけ?
捗る捗る。

ケージ8個分のスペースを空ける事が出来た。

これ、すごい事です。
よく、やったな、、と、いう感じです。


そんな中、、

「何をしているのか?」と、ちょっと面倒そうなおじさん。

いやいや。失礼な。野良猫の事での被害者である。

避妊手術をする話をした。

「その後はどおする?」と。

同じ場所に放す話に、
「それなら、なにもならない!」と、いう。

ここにいる猫を、別な場所で放せば、ここは、良かったとなるだろうけど、
他の地域がどおでも良いという事ではおかしいだろう、、と話した。

それは、理解してくれた。

手術の為の捕獲は違法ではないが、処分の為の捕獲は違法である事。

手術をせずに、
ただ怒っている人がいて、隠れてご飯を与える人がいる事では、なんの解決にもならない話。
手術をすれば、増えなくなる話。
外で暮らす猫の寿命、、

「そこまで待てない」と、いう。

「市役所に言ってるのか?!」と。
振興局の方に、相談しながら動いている話をした。
市役所の方とも話がとおっている話をした。

が、おじさん、名刺を探しだし、市役所の方に電話をはじめた。
「なんだかわならない3人が、、」と。(笑)

その後に、市役所の方が来た。
まぁ。いいさ。
逆によかった。

説明し、、
いや。ちょうど、振興局の方から話を聞いた後だったようだ。

外にいる全ての猫の避妊手術をする事。
貰われそうな猫には、譲渡を考える事など、、。

納得のしないおじさんに、市役所の方は、
「これは、大きな進展ですよ、、」と話してくれた。

市役所の方に、名刺を頂いた。
そしたら、私を知っているという。

???

『どうぶつたちからのSOS』の際に、お世話になった市役所の方だった。

その節は、、と。

おじさん、最初より、いい感じに変わった。

市役所の方との様子から、なんだかわからない3人じゃなくなったのかもしれない。

いやいや。
偉そうな自分らではないんだ。
どこまでやれるか、、なんて、わからない


私も、被害にあってる人の気持ちもわかる話をした。
無責任に餌を与える人が一番悪い。と。
そして、猫は一番の被害者だと。

おじさん、
『ここに、いるぞ」と、口を鳴らして猫を呼ぶ。
「呼んでもこないんだ。
いつも、石ぶつけてやるから、、」


鼻から息が大きく入る。

おじさんにぶつけてやるか?!

いやいや。
そんな気持ちにもなるのも、わかりはします。
でも、、
それは、あんまりです。
石、当てられたら、自分らだって痛いです。
よく、人間よりも小さなものに、石を、、だなんて!!

被害者が、こうなるのは、ここに猫がいるから。
猫を捨てた人間がいて、無責任な餌やりの人がいるから。


翌日手術の2匹の猫を 、17時、病院まで連れて行く。(私)

2_20170503182352222.jpg


話、前後になりますが、
初めて会った日に、私でも抱けた男の子。

『音波さん』、、
ムキューッっと。

3_20170503182353f35.jpg


ついて歩くくらいに慣れていて、とても可愛い男の子です。
のちに、仮名『ボク』ちゃんと、名づけました。
飼い主募集としていきたいと思います。
明細は後ほど。

募集その他
● 物資の御支援のお願い ●
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています
送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合の、こちらの住所等は折り返し御連絡させていただきますので メールフォームより御連絡下さい
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
リンク
検索フォーム
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg