増えすぎた猫、、と、なる寸前

『ゆきさん』に困った相談があったのは、昨年の事だ。

あまり、言いたくはないが、以前から知る方である。
ゆきさんのやってる事を見て知ってきたはずなのに、、。

なぜ、外での餌やりを始めてしまったのか
猫が増え、近所で騒がれ、市から看板を立てられて、、

securedownload (1)securedownload_20170424194724677.jpg


猫を手術しないと、、と、話しても、しないとは言わない。
猫を家に入れないと、、と、言って、わかったとは言う。

口だけだ。呑気すぎる。
なぜ危機感がないんだろう?

発情来る前に、冬のうちに手術しないと、、と、はなしていたのに、
連絡がきたのは、生まれそう、、だという話。
他にも、お腹の大きな猫がいる話。

ゆきさんは、お腹の大きな子を、手術はしたくないんだ。
いや。誰だってそうだ。

少しでも早くに、、と、思っても、まだそんなに大きくない。などと。
手術するなら、妊娠しないうちに、、少しでも小さなうちにっていうのが、何故わからないのだろうか

家の中には、5匹くらいかな、、と、きちんと頭数を把握していない。
外には、黒と、、ベージュのが2匹くらい、、
あとは、その時によって、、って話。

家の中に入れた猫も、外に出て行ったり、また入ったり、、と、全然きちんとされていない感じがした。

責任持てない猫には、餌をやるな。と。
餌を置きっぱなしにしてはダメだ。どんどん増えるよ。と、伝えた。

わかってくれたであろうか、、

生まれた仔猫の母猫は、慣れている子のようだ。
風邪症状があり、もう生まれそうな身体をしていたために、家に連れて帰った話。

これから生まれるだろう猫の避妊去勢をしてもらう。

いざ、手術に向けて、、

だが、、簡単ではない。
家の中の荷物が半端ないのだ。
よその人からみたら、ただのゴミに見える。だが、その方にしてら、何かに使えるという捨てられない物のようで、、

それでも、一部屋をあけ、猫の部屋にしない事には、あの荷物の中では、どうも動きがつかない。

目的は、猫の繁殖制限。
騒ぎになっている外にいる猫の数を減らす事。
生まれた仔猫の飼い主募集だ。

・・・・・
話は前後しているが、
こう動きがでたのは、たまたま、、
仔猫を飼いたいと言ってくれる方を紹介してくれた方がいたからだ。

仔猫いないな、、保健所の仔猫、、飼って欲しいな
あ。あの方のとこに、そういえばいたな、、

それまでは、、
そのままでは大変な事になるかも知れないと思いつつ、話をしてもいい返事ばかりで動きが見えなく、
関わるのが怖かったんだ。
私も逃げていたのかもしれない。

今回、仔猫を見てくれて、飼って貰える事になり、、
とても良い飼い主さんで、、
猫には何の罪もなく、黙っていたら生きていけなかったかもしれないし、、

残る仔猫たちも、何とか良い方との出会いを探したい。

交換条件ではないが、餌やりの方も、きちんとした事をしてくれない事には、、、
次々に仔猫が生まれる事をしているようであれば、協力は出来ない話をした。

手術の予約がすぐに取れなく、
それまでに、生まれる?
どれだけお腹が大きくなる?
猫をきちんと見ていないから、手術できるのがどうか、判断も難しい。

とりあえず、その前までには、なんとか一部屋を猫部屋へと、片付けなければならない。

猫の繁殖制限のために、、
かなりの重労働と感じる。

家に、と、連れて帰った妊娠していた猫から生まれた仔猫5匹のうち、残る3匹、、

securedownload (2)


先日、お問い合わせ後、すぐすぐに来てくださいました。

遠方より、ありがとうございました。

securedownload (3)


仔猫たちは、ヘルペスウイルスにより、涙が沢山でています。

病院から、目薬をもらってつけてくれてますが、、
よくなったという話でしたが、まだ涙が出てました。

それでも、みんな元気に育ってくれています。

お見合いは、、、
こちらから、どうのこうの言えるものではないです。
野良だった母、、健康状態も、きちんとした事を話せない仔猫たちですから。
それでも、、と、承知して迎えてくださる方でしか、お願い出来ないものです。

それでも、誰でもいい訳ではないんです。
猫の為に、、と、きちんとした方に託さなければなんです。

何、、って、難しい事は言いません。
室内で飼育してくれる事。脱走をさせない事。
何があっても、最後まで飼ってくれる事です。

これだけは、譲れません。

いなくなってしまった。、、と、いう事だけは、避けたいのです。

リードでのお散歩もダメです。
大丈夫、大丈夫。っていうのは、
大丈夫じゃないんです。

猫に、外を教えては、ダメです。


来てくださった優しそうなご家族。
きちんとされている方と感じました。

仔猫たち、、どの子も同じに見えますが、、
選ばれたのは『ブルー』ちゃんでした。

間違いなく大切にしてくれる。
そう感じました。

『ブルー』の、お名前等、明細は後日、、。

残る『ピンク』『グリーン』にも、優しい方との出会いがありますように、、。

ご連絡お待ちしています。

securedownload (5) securedownload (4)


メールはこちら
サイドバーのメールフォームからでもOKです!

関連記事
●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する