Life ~ from kushiro ~

北海道釧路市より。Lifeは個人活動です。常時保護出来る施設等は保持していません。暮らしのなかで誰もが日常的に出来ることを長く継続し広めていくことで、動物達と人間相互の住み良い環境を目指します。大きな事柄に関わるときは、その時々に仲間を募集する等で活動の幅を広げます。

「こはるちゃん」「ゆきおくん」

2016
20
先日、飼い主さまよりご連絡を頂きました。



『ゆきおくん』、大変な病気がわかりました。

9月に入ってから、、、
突然体が硬直するようになり、
数日後には、1日中ご飯も食べずにずっと寝ていたお話。
熱もあったようです。
翌日にはフラフラして歩けなくなり、ごはんも食べなく。
その日の夜にはほとんど歩けなくなり、短時間の間に発作を繰り返していました。


病院では、てんかんや、風邪、目眩、、などの診断。

誤診でした。

別な病院で、検査し、治療し、、
少しづつ元気になってきてくれた『ゆきおくん』。


フラフラ歩く姿を見ると切なくてたまりません。

飼い主さんの気持ちが、とても心配でした。

今は、
少しずつ食欲も回復して、
発作も落ち着いてくれているとのお話です。


病名は、伏せさせていただきます。


そうしたとき、近親での交配のせい?
先天性?

酷い環境にいたから?栄養不足による?

とても、綺麗で可愛い子です。
見た目だけではなくて、本当にいい子です。

飼い主さん、本当に心休まる時がなかった事と思います。

お写真をいただき、ふたりが仲良しで、『ゆきおくん』の表情をみて、少し安心させられます。

以前に、近親だからね、、と、話した病院の先生がいた話を聞きました。

今回、近親だから、、と、決めた事ではないですが、、

私が関わってきた多頭の猫たちは、避妊せずに近親にて増えてしまった猫たちでありますが、
良く言われてきた、近親だから凶暴だとか、奇形だとか、、
そう思われる子はいなく、多少後ろ足が?と、思われるくらいでした。

性格も、自分のうちの子が負けてしまうくらいに、いい子ばかりでした。

ゆきおくんも、その中では、上位であるくらいに、とてもいい子なんです。

大変な病気があるかもしれません。
飼い主さんには、沢山の治療費がかかり、申し訳ない気持ちであります。

それでも、寝ずに心配してくれるほどに、ゆきおくんへの愛情、、、

ゆきおくんが、この世に生まれてきてくれた事。
優しい飼い主さんに出会えた事。

間違ってはいない。と、思っています。

ゆきおくんたちの猫たちへと、ご支援をいただいたお金が、ありました。

私の独断ではありましたが、ゆきおくんへ、ほんの少しですが、お見舞いとしてお渡しさせていただきました。

お薬が効いて、ずっとずっと元気で過ごせますように。
こはるちゃんと、くっついていられますように。

飼い主さんが、笑顔でいられますように、、。

securedownload_20161020162041a00.jpg

securedownload (2) securedownload (1)
関連記事