『猫10匹。彼らに、お家を!』

『猫10匹。彼らに、お家を!』


4月7日。
猫達がプレハブに来てから一ヶ月になる。

処分はまぬがれたものの、快適じゃない生活をはじめてから一ヶ月になる。


彼らは、日々お世話に現れる人間が違っても、怯える様子はなく、出してくれるの?って要求しているように可愛く鳴いてくれる。

誰に爪をたてる事も、誰にシャーする事もなく。

・・・・・・・・・・・

振り返る。

猫たちは、約47匹。

一匹の飼い猫から始まり、
複数捨てて行った人。
繁殖制限をしなかった飼い主。

ペット飼育不可能な住宅での飼育。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

捕獲か、保護か・・?
一つのケージに沢山の猫が入れられ、何日も何日も。

38匹に減った。

・・・・・・・・・・・・・・・
飼い主は飼育放棄し、
猫たちは飼い主も家も失った。

・・・・・・・・・・・・・・・

今、仮のプレハブにて。

お借りしているプレハブです。
傷をつける訳にはいかなく、フリーにしてあげれるのは、本当に短い時間だけです。

今、まだ釧路ではストーブなしでは寒すぎます。

これから暖かくなり、夏が来たならば、暑くてたまらなくなると予想します。

プレハブに8匹、預かり宅に2匹。計10匹の猫。

彼らに、普通の幸せをさせてあげたい。

ご連絡、お待ちしています。


メールはこちらから

チビコ
関連記事
募集その他
新しい飼主さん募集中!詳細はコチラ
● 物資の御支援のお願い ●
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています
送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合の、こちらの住所等は折り返し御連絡させていただきますので メールフォームより御連絡下さい


oghDwCZO_400x400.jpeg  Twitter



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム