マロンくん

続く猫たちの、幸せの便りの後に、とても残念なお話です。

年明け6日。
『マロンくん』が亡くなりました。

尿道結石で通院されていると聞いていました。

まだ手術もできなかったくらいに小さな子でしたが、とても大きくなって、大切にされていました。

肝臓・・先天的に小さかった話でした。


Lifeの仲間、ゆきさんの紹介だった飼い主さん、ゆきさんに連絡がありました。

ご挨拶に・・でお伺いしてくれた音波さん・・大きくなって・・
大切にしてくれている写真をいただいていました。


あの時生後4ヶ月くらいでしたので、まだ2歳くらいだと思います。

短い生涯でしたが、大切に思ってくれる飼い主さんに出会えた事、マロン君、喜んでくれた事と思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

肝臓が小さな事は、近親での交配が原因でしょうか・・

よく言われてきた、近親だから、狂暴だとか、奇形・・内蔵疾患・・短命・・

ちょっと後ろ足が、八の字?って子はいました。
血液検査、至って健康体な子もいました。

狂暴はいう事はありえない子たちです。

この度の猫たちを、近親だから・・と、良く思わない方もいましたが・・

マロン君の事で、少し心配になったり、飼い主さん達にも、心配な気持ちにさせてしまいますが・・

猫たちには、迎えてくれて大切に思ってくれている飼い主さんに、おじいさん猫、おばあさん猫になるまで、笑顔を作ってくれるようにと願っています。


チビコ(ハガ)
関連記事
●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する