黒い男の子、飼い主さんきまりました。

黒い男の子、飼い主さんきまりました。

いいえ、もっと前から言って下さってました。

どの子とは指定しません。

若くない子、皮膚疾患がある子(後から古傷かも・・と)、威嚇する子。

・・・貰われにくい子を・・と、言って下さりました。

なんて事を~~~

遠くの方でした。私は、どうしたら、この方の事を知れるか、どうやってお渡しするか・・って。

〇〇に聞いたら私の事わかる。って言って下さり、また私の信頼する方も、この方ならば最高だとご存知の方でした。

相手の事ばかり聞いては・・と思い、私の事や私の汚い家の写真を送ったりしました。

飼い主さんからも、沢山写真をいただき・・・

わわわ~~~私、写真、送るんじゃなかった~~って思うくらいに、広々としたお宅でした。

メールの感じから電話の感じまで、きちんとした大人な方で、とても安心と期待をしていました。

飼い主さんの信頼する方が北見にお住まいで、その方が釧路まで来て下さる話をしてくれました。

北見の方ともお話し、申し訳ないので、阿寒湖で。としました。

3月18日。
さて、出発です。
誰が?って、見た目はおいといて、結構、身内では人気な彼、頭に酷い傷がある大きな子です。
ボスと呼ばれたり、私の彼・・って呼んでいる人も。私はゴメン。じ~さんって。

ボス、オシャベリさんなんだ。す~っと鳴いてるから、誰もが返事をしてたりするよ。

たまに出てる舌がメンコイ。
人には優しい彼なんだ。
猫には、どうなのかな・・でも、今はボスじゃないんだな~~と感じる別な子が、彼のケージに来て文句言ってたのを知ってる。

画像

画像

画像


もう一人、ボスと同じくらいに大きくて、やっぱり少し傷があり・・

この子とボスは最初、同じケージにいたんだ。二人は仲いのかな・・?ケージが狭くて別々にしてからは、相性はみていない。

この子、人、大好きかも。
抱っこしてくれた人の頭、真っすぐしてられないんじゃない?ってくらいに、スリスリだよ。ベッタリだよ。

画像

画像

画像


出発~~~!

ふたりして交互にかい?
タイミングはずした?同時にかい?
ず~っと、鳴いています。

画像


キャリーに敷いた新聞紙もシートも、ぐちゃぐちゃだ。

どのくらい走ったかな~・・

ちょっと時間間に合わないかも~・・って、焦ってるのに、ブォンブォンいってるバイク6台。
そんな音のわりには、遅くないか~~?

どのくらい走ったかな~・・

臭~~~~っ!!
ボス、〇ンチしやがった~~(涙)

いや、時間がない。窓あけて走るしかない。

むせた。
吐き気をもよおすむせ方だ。(笑)

こりゃダメだ。
車を止めて、新聞紙ごと。かわりに何か敷いてあげる余裕はなかった。

遅刻しました。
本当になんて失礼な・・反省しています。

まずは猫を・・と、扉を開けると・・、
ボス、オシッコ(マーキング?)したな~・・・
ケージの中も、ボス自身もグチョグチョです。・・・車も。(涙)

北見から来て頂いたのに、沢山の頂きものをしました。
申し訳ないです。

迎えに来て下さり、一日お泊りは、違う方が協力して下さるお話。翌日、遠くの飼って下さる方が、車かと思いきや、JRできて下さるお話を聞き、この、貰われにくい二匹の為に、飼い主さんも、迎えにきて下さった方も、お泊りをさせていただくお家の方にも、お金や時間がかかる事です。こんな方いるんだ~・・って、嬉しい気持ちと、申し訳ない気持ちです。

帰り、汚れたシートをふき、コンビニでお茶を買った。
はじめて経験した・・私が臭う事を。考えたら、キャリーに移す時、私の顔にボスの濡れた尻尾がかすったのを覚えている。

嬉しいはずな帰り道、ずっと、この臭いの中、走ってきました。
彼らの鳴きがなくなった帰り道、眠気がぐっときました。

釧路に着き・・

北見の方より、ご連絡頂きました。

ボスは、ちょっと排泄失敗したみたい。
もうひとりは、懐こい子って、わかってくれたようです。
二匹とも、落ちついている話。

本当に本当に、ありがとうございます。

・・・・・・・・
去勢してないオスな子や、トイレを覚えていない子の、対策のお話、お聞きしました。
長くなったので、この話はまた・・・



チビコ
関連記事
募集その他
新しい飼主さん募集中!詳細はコチラ
● 物資の御支援のお願い ●
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています
送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合の、こちらの住所等は折り返し御連絡させていただきますので メールフォームより御連絡下さい


oghDwCZO_400x400.jpeg  Twitter



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム