FC2ブログ

Welcome to my blog

●TNR~『R』とは別の道

飼い主募集『わこ』*TNR・・・『R』とは別の道

昨年の相談でした。
ご飯を与えていた猫が子猫を連れてきて、、

飼っていた犬猫が亡くなり、もう辛い思いをしたくなく、今後犬猫を飼わないと決めたお話でした。

子猫は、物置にとし、暖かくしているらしく、
飼えないのであれば、
私ができるのは、飼い主探しの協力で、写真を送ってくれたら、、な、話をしました。
(写真は送られて来ませんでした)

私が話をすすめたいのは、その子を産んだ母猫の事。
避妊手術をしないことには、子猫を保護しても意味はなくないけど、キリがない話を、、色々と語り、、

母猫の避妊手術をする方向となりました。

私、呑気で、、すぐには行けず(発情期でなかった為)


先日、
暖かくなってきたし、、そろそろ発情期、、やらねば!と、思い連絡をさせていただきました。

もはや、オス猫がはなれない。との事から、
すぐに!と、思い、

いざ、
2月25日.現場へ

手元でご飯を与えられない。すぐに逃げる。とのお話から、

ご飯を食べに来ることを待ちました。


待機してる間に、
となりの敷地にずっといるオスがいて、、
鳴いてるオスがいて、、

一度見に行くも、、

仕事時間がせまり
待機交代のために仲間にSOS

すぐに駆けつけてくれた。

仲間が辺りを、、

あれ???
ずっといたオス猫の近く。
物置の下に、、

いた!!この子だ!

相談者さんから聞いた様子とは異なり、、

近くにいても、気づいていない。
ご飯を与えるも、どこにある?な、様子

警戒心いっぱいの猫と思っての、気合いを入れた今年初の繁殖制限の捕獲は、

この子、
大丈夫???
と、思える簡単な捕獲となりました。


翌日26日
手術へ、、

いや。その前に。
相談者さんに、どこまでやるか?と、問います。

 手術はもちろん
触れない猫な為、寝ているあいだに、ワクチンや駆虫、場合によっては検査もする。

相対者さんからの答えは、
うちの子ではないから。と。

避妊手術のみとの答えでした。

、、、

それが悪いわけじゃないです。
可哀想な猫を増やさないために、手術してくれる事が、最低限であり、
最高なのに、それさえもしない方が多いのです。

ただ、、
お金がなくて、せめて手術、、と、言われるのと違い、
うちの子じゃない。時には、野良猫だから。と、言われる事もあり

手術のため、
連れてきた猫を見て、
凄く悲しい気持ちになります。

ただ、家がないだけで、野良猫と言われます。

日々の生活が満足ではない。
ご飯も、暖かい寝床もない。

私の知人に素敵すぎる方がいます。
うちの子よりも、外の子にいいご飯を与えるのです。

うちの子は、病気になれば病院に連れて行ける。
外の子は簡単に病院へと連れて行けないから、病気にならないように、せめていいご飯を与えたい。と。



話がずれました。



この子の子猫を飼ってる。
もしかしたら、、病気なかったら、飼ってくれるかも?
なんて思って、、
手術と同時に、交代検査をしました。
これは、請求できるものではないとわかりながらです。

エイズ、白血病共に陰性。
同時に駆虫もしてもらいました。

でも、
ダメでした。
飼えない理由、、
仕方ないと思います。

悩みました。

TNRと思っての事でしたし、
これ以上、保護猫を、、慣れていない猫を保護しては、、と。


でも、この子、、変です。
やはり、、見えてないかもです。



元いた場所で、近く解体工事が始まる話も聞きました。

『TNR』 『R』が出来ないです。

『TNR』と、したく、、
捕獲にいくなか、『R』しなければ、次がなくなる。

情を、、情けを、、
消さなければ、『TNR』と、出来ないのかもしれない。

『R』が最高ではない。
野良猫だったけど、ずっとのお家、ずっとの家族を、見つけてあげれたら、、

それが最高なんだと思うけど、、



2月27日
もう野良猫ではない。
保護猫『わこ』として、ずっとの飼い主さんとの出会いを、、と、思います。

わこ (1)

わこ (2)


(この子を『R』としない事、
許容範囲が超えている。と。

でも、こんな子を『R」とした後、もっと後悔すると思いました)


・・・・・
こんな事を書けば、、
外の猫にご飯を与えている人は、
連絡したら、飼わなきゃならなくなる?!なんて、不安になってしまいますよね

外の猫にご飯を与えている方、
その責任は、野良猫にご飯を与えているのであれば最低限必要なことです。
避妊手術、してあげてください。

もう、猫の発情期、きてます。
もう、、交尾している姿を見た方がいます。

悩んでいる暇はないです。

避妊手術のための捕獲、
できる限り(行ける範囲)出向きます!

ご連絡お待ちしています


メールはこちら

関連記事