FC2ブログ

Welcome to my blog

●猫8匹~外に放される前に

報告*猫8匹〜外に放される前に

先日一時保護とした猫たちの事。

飼い主さんの個人情報もあるため、細かくお話できないことをご理解ください。




猫を手放すことを拒否していましたが、
実際には、猫を手放さなければならない状態でした。


小さな子猫が保護された後、後悔しているとの事。
もう1匹も手放さないとの事。
(保健所にも、愛護団体にも、渡さないとの事)



飼い主さんの信頼している友達に預かってもらう
(それは、小屋があるわけでもなく外でした)


「手放す」


そう気持ちが変わった一時がチャンスでした。
翌日となればまた気持ちが変わってしまうから。


急いでむかった先日2月10日でした。


その後、
緊急譲渡会を開催するも、出会いは少なく、

保護当初、予定であった保健所収容

これは、保健所に保護スペースがなければならなく
また飼い主が飼育放棄費用を支払わなければ、成り立たない事でありました。



どちらも成立し、
2月18日、3匹が保健所収容となりました。


預かりしてくれた仲間は、痩せていたりな個々を知り、
このままライフでの保護を、、と、希望してくれました。




保護頭数、許容範囲には限界があります。

それでも、お世話していく中、保健所収容がダメなわけではないですが
(=処分というわけではないです)
どんな人に飼われるんだろう、、脱走対策、ちゃんとしてくれるだろうか、、

そんな不安は、私にもあります。


日々、お世話しているのであれば余計にです。



8匹の保護を考えます。




ライフの会計さんにも、相談しました。
今現在、いくらある?と。

今現在ライフの通帳には、15万円との事。


8匹の避妊去勢、、駆虫、、ワクチン、抗体検査、、少なくても15万円はかかります。

今現在、手術を目の前にした子たちがいます。毎月薬代のかかる子達がいます。



気持ちだけでは、保護してあげられないのが現実です。


保健所収容としたのは、元気に食べてくれている『ガッチ、クロ、クルミ』です。


振興局のベージに記載されたこの子たちを見たとき、
至らない自分を感じます。



とてもいい子たちです。

attachment00_20200221154809ac0.jpg

attachment01_202002211548113fa.jpg

attachment02_202002211548128cd.jpg







ご支援を届けてくださった方には、申し訳ない気持ちであります。




今現在、ライフの手元にない子たちですが、
守りたいと思っています。



振興局、新しい飼い主探しのネットワーク事業

http://www.kushiro.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/jyouhou.htm


関連記事