増え続けた猫達(50~60匹)のSOS!

6日。
頭では、びっちり考えてますが、現場に行くと唖然となり
何からやるんだったかがわからなくなります。

猫を数えたい。
オスメスをわけたい。
お腹大きな猫、手術できる子、できない子をわけたい。

セカンドチャンス代表が避妊手術に二匹を連れていき、
レッドハートさんが個別の写真をとってくれました。

レッドハート代表さんとスタッフさん。
私と、猫が得意なお友達。

ケージを組み立て、ケージ分けしながら、猫を入れていきます。

手術できるわ。
お腹大きいね。
・・・これも、これも・・

手術できない猫の数がすごい数になり、
ほんの何頭かをのぞくほとんどが妊娠している様子です。

本当は誰もが手術したくない気持ちです。
それでも、もう一度もう一度とお腹をさわり、
手術しない、できない、出産まじかの子三匹をわけました。

手術する子はお腹の大きな子から順番に病院につれていきます。
それでも、先生の判断で可哀相すぎるくらいに成長している子は、手術をしない事になる。
母猫の負担も大きい。

いまいま手術するメスが13匹。
手術しないで産ませる子が3匹。

今はまだ手術しない、出産したばかり(子猫は亡くした猫、育児をしない猫、
子育て中の猫)が3匹と、まだ小さい体な子が3匹。

他に、本当に小さな1ヶ月弱が1匹、一ヶ月ちょっとが3匹。
新生児が4匹、3匹、1匹。計8匹。

オスが12匹。
捕まらない子、メスらしいが2匹、もしかしたら3匹。

手術にでかけた2匹。

そんな数だったが・・
おかしい。
最初、数えた数より少ない。


産ませる猫は4匹かも・・(汗)

それにしても少ない。

まだ隠れている猫がいるかもだ。
ご飯が与えられたから、最初みたくご飯出しても集まらなくて・・・

まさか!!飼い主、逃がしてないよね?!!!って心配になったり・・


選手交代。
セカンドチャンス代表と私。私のお友達にお客さん。

これから手術する子はケージの中。とりあえず。小さな一段ケージです。

本当は使ってはならないと言われていた3階部屋らしいが、
何個かある部屋で二つだけ使えそうで、オスをフリーにした。
3階部屋は古く汚れてはいるが、ゴミはない。
暗くなり写真とれませんでした。

もう一つの部屋は手術から帰ってきた子の部屋にする。

まだ手術できない猫は今までの部屋でフリーに。

本当はこれから生む子をケージに・・と考えたが、ケージが足りなくなったのと、
あまり動けない事で出産に影響がある?とも考えた。
飼い主の話、出産する場所をわかっている話から大丈夫か・・と思ったけど、やはり心配だ。
ケージ内での出産を考えよう。


まだきちんとした数をお知らせできません。

ゴミの山を片付けなければ難しい話かと思います。

130306_18104711.jpg
130306_1509021.jpg
130306_1810341.jpg



チビコ
関連記事
●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する