「黒豆大福」巣立ち

皆様のご協力のお陰で、「黒豆大福」全員に新しいおうちが決まりました。
1月22日に大
1月29日に黒と福
2月5日に豆
それぞれの飼い主様のもとへと巣立ちました。

保護したウリが妊娠していて、産まざるを得ない状況で、
果たして全部の子に飼い主となってくれるおうちを見つけてやれるだろうか…と
不安はありましたが、「Life」さんや知人のお力添えで
こんなに早く、無事に譲渡する事が出来ました。

「黒ちゃん」は、犬を飼うのが初めてのご家庭で、
それはそれはこの日を指折り数えて待っていてくれました。
産まれた時から「巨大児」だったので、獣医さんに診せた所、大きな子になると言われましたが、
それでもおうちの中で飼うと、喜んで引き受けて下さいました。
人間のお兄ちゃん、お姉ちゃんが沢山出来て、可愛がって頂けるのが間違いないと感じます。
どんな人のハートもメロメロにしてしまう、究極の癒し系黒ちゃん…、これからも家族の皆さんを癒し続けて下さいね。

kuro_20170204203617b48.jpg


「豆ちゃん」もやはり
犬を飼うのが初めてのご家庭で、犬が欲しいとこれまで保健所や
いろんな所を探していたところ、豆ちゃんに出逢いました。
お正月が終わった日曜日、ご家族皆さんで会いに来てくれました。
とても優しく、温かい空気をまとったご家族に
豆の幸せを確信しました。
うちからの帰りに早くもケージを買われて、この日の為に着々と準備をされて、
来る前から毎日ご家族の間で豆ちゃんの話題が上がったそうです。
天真爛漫で、人懐こく、物怖じしない
その性格は見ていて早くも頼もしさを感じます。
どうかそのままスクスク育って下さい。

mame_20170204203619751.jpg


「大君」は、犬育てのベテランさんで、一昨年までラブラドールを飼われていたご家庭です。
13才で看取られ、そろそろまた犬と暮らしたいと思っていたそうです。
ヤンチャ坊主の大君も安心して託せると、保護主が先に喜んでしまいました。
優しくおおらかな愛情に、ラブちゃんがどれほど幸せだったかが伝わりました。
ウリに叱られた甲斐あって、どんどん落ち着きが出て来て、賢さが見えて来てます。楽しみな子です。
どうかこのまま元気に伸び伸び育って下さい。

dai_20170204203615afa.jpg


「福ちゃん」は、動物が大好きで、小さな頃から動物に囲まれて育ち、
やはり犬猫育ての大ベテランのご家庭です。
うちで子犬が産まれた事を知り、すっ飛んで来て下さり、「みんな欲しい~」と、
動物好き全開で目を輝かせて福ちゃんを選んでくれました。
一番小さく産まれ、性格ものんびり屋のマイペースで、一見おとなしげに見えますが、
ケンカとなると激しく闘い、その粘り強さになぜか最後は勝ってました。
兄弟には、燃える闘志とタフな精神で、人間には、素直で従順な心をと
2つの顔を巧みに使うあっぱれな女の子です。
味のある性格に、いつも爆笑させられました。
どうかこのまま、体は小さくても心の大きな福ちゃんでいて下さい。

huku.jpg


我が家では、久しぶりの子犬育てで、この2ヶ月間、てんやわんやの大騒ぎでしたが、
この親子が可愛いくて可愛いくて、疲れる事も忘れ
寝不足だって動けて、楽しくて仕方ない毎日でした。

健気で優しく、何より頑張り屋のウリの子なので、
これからそれぞれの犬生を力強く生きてくれると信じています。
どうか、ご家族の皆様に可愛がられて、幸せな楽しい時間を紡いで行って下さいね。

夢の中にいるような
いい時間でした…。
ありがとう
「ウリと、黒豆大福達」

securedownload (3) securedownload (1)



飼い主になって下さったご家族の皆様、力を貸して頂いた「Life」の皆様、
心温かいご支援を下さった皆様、
産まれた時から見守って下さった動物病院の皆様…
本当に本当に
ありがとうございました。
この場を借りて心より深く感謝申しあげます…m(__)m

黒豆大福、これにて
解散となります。

(猪山)




関連記事

譲渡会結果

1月29日
『夢工房さま』の、感謝祭に、参加させていただきました。

猫14→13頭の譲渡会
猫たちを、ケージに入れることから始まります。

もう何度も頑張ってくれている『あけみさん』『マル美さん』。
大変、、という話を聞いていたので、今回は、ヨシ!と、私、意気込んでみましたが、

いやいや、、、

(ちょっと大切な報告が、マヌケな話になってます。
お付き合い下さい 笑)

フリースで、抱こうと頑張ってる『マル美さん』。
ヨシ!私が!!なんて、横取りするも、逃げられた。

全くもって役立たずな私(笑)

『ゆきさん』の、猫たちの部屋は、2階です。
2匹入ってるゲージでは、1人で運ぶのは困難です。
階段を2人で、降りるのも、なかなか腰にくるものです。

車まで、、。

外のフリーにしている犬たちを逃してはならないし、家の中の猫たちを逃してはならないし、、
扉、、扉、、を閉めながらの移動。
車までの距離、、

譲渡会、、と、しても、猫たちの運搬には、本当に大変な事だと、実感しました。
(いつもは、テント建てをしている私な為、猫の事をしてくれてる仲間の大変さが、わかりました)


さて、出発~~
なんて時にハプニング。

『ゆきさん宅』入り口の、鍵が、良からぬ方向にハマってしまい、これじゃ鍵閉めれない!

金槌をもってくる『ゆきさん』。
が、金槌折れた~!!

そんな時、、
『マル美さん』が手にしてきたものは、、
車のルームミラー!!
同行の愛犬『マルちゃん』が、待ちぼうけに反抗。
破壊したのだ(笑)

とりあえずガムテープで、、(笑)


いざ、やっと、出発です。


猫たちは、車の中で、、と、予定していましたが、以外と暖かく、
テントにストーブ3台も用意してくれていたので、テント内に、、と、なりました。

securedownload_2017020420114735b.jpg


ついてすぐ、大きな声で鳴く『くじら汁』。
『プリン』と『五目』のふたりも鳴いている。

猫たちは、不安でいっぱいなんだけど、
アピールになるかな、、
ここにいるよ。って。

『くじら汁』

kuzira1.jpg
kuzira2.jpg


『プリン』

purin.jpg


『五目』

gomoku.jpg


鳴かずに、固まっている子たち。
『おかゆ』

okayu.jpg


『にぎり』

nigiri.jpg
nigiri2.jpg


『ミート』は、ちょっと震えている。
寒い?いや、それより、怖いのが大きいように感じる。

meet.jpg


6匹の参加となりました。


話、長くなりましたが、
結果、、、

猫たちに運命の飼い主さんとの出会いはありませんでした。

仕方ないです。
まだまだ、臆病な子たち。
それでも、保護当初よりは、表情が穏やかになったと感じます。

ご飯もたべれている。
毛ヅヤいいね、、って、声も聞こえました。

募金箱 8739円
がらくた市の収益金を家工房さんよりいただきました。7100円

『ゆきさん』保護の犬猫たちの治療費やご飯代として使わせていただきます。

ありがとうございました。

また、暖かくなったら、譲渡会を予定しています。

猫たちの運搬や、テント建てなど、ご協力いただける仲間も募集しています。
笑って仲良くしてくれる方、大歓迎です。

感謝祭に参加させていただきました夢工房さま、ありがとうございました。

『ゆきさん』『あけみさん』『マル美さん』お疲れ様でした。
(私、途中までしかいられなく、仲間に迷惑をかけてしまいました)

あとから、『マル美さん』より、写真をいただき、、
あ~、『にぎり』ね。って、思ったら、下につぶれた『ミート』がいた!!(笑)

securedownload (2)


いつでも、お見合い可能です。
猫たちの普段の様子を見にきて下さい♪


余談、、
翌日、譲渡会に参加したのは、『ごもく』?『ちらし』??と、わからなくなり、『ゆきさん』にメールしました。

この2匹の区別がなかなか難しく、、
当日聞いたはずなのに、忘れている私も、どうなんだ?!
(痴呆か?)

『ゆきさん』からの返信に、
私は、崩れました。
笑いがとまらなく、、

「もずくでした」って。

もずくって、誰~~???(笑)
『ゆきさん』ヤバすぎます(笑)

そんなライフの仲間たち。
こんな仲間と一緒に猫たちの為に、、と、ご協力してくれる勇気ある方、お待ちしています。



関連記事
募集その他
新しい飼主さん募集中!詳細はコチラ
● 物資の御支援のお願い ●
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています
送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合の、こちらの住所等は折り返し御連絡させていただきますので メールフォームより御連絡下さい


oghDwCZO_400x400.jpeg  Twitter



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム