看板

5/14
今日は、外に看板を立てる。

手術した猫の明細。
猫にご飯を与えている方に。
被害に遭われている方に。
猫を捨てないで。と、言った内容の看板です。

securedownload (1)


作業中、足をとめてみてくれる方が二方。
散歩途中の方のようだ。
被害に遭われている方ではなく、、
猫は保健所かい?と、言っていたので、猫を見ていた方にと思う。



見て知って、
感じてもらえたらいいなと思う。

増えすぎた猫、、と、なる寸前

5/10
急な私の声かけに、来てくれると言ってくれた『マル美さん』

今日は、猫部屋の脱走防止対策と、窓からの脱走防止対策を。

お邪魔しま~~す。
そこにいたのは、
オス①の『ボク』(後付けですが、墨汁です)

メス⑧の、私、命名、いや、仮名『すみこ)』。

他に、多分、メス⑦がいたけど、すぐに隠れちゃった。

他に、メス③がいるんだけど、、姿は見せず。

メス⑦は、『(お)こげ』
メス③は、(ふ)のり』
と、仮名の予定。

わかった??
黒いもので、考えて見ました。
イケてる??


この4匹は、フリーでいます。

1_201705122037338a9.jpg


美味しいのをあげて、仲良くなりたい♪

『すみ子』

2_20170512203734e54.jpg


『ボク』

3_20170512203735d29.jpg


このふたり、、(おこげ も、 ふのり も、きっといい子)
飼い主さん募集します。
とても、可愛い子です。


さてと、猫部屋に、、

入って目にしたのは、窓ガラスの間にハマってるふたり。

メス①のシャム系と、、
あとは、誰だろ、、
胸の毛色と、尻尾をみないとわかりません。

そのうち、ちょっと部屋から出て、また部屋にいくと、窓がらには、3匹の姿が!!

5_201705122037363c6.jpg


作業途中
優しく声をかける『マル美さん』。

ちらっと覗くと、
顔の前に尻尾が下がってるシャム系の女の子。

その後に出てきて、身を隠したくて。バタバタしてしまき、ちょっと可哀想な様子。

うるさくしてごめんね。

6_201705122037384ca.jpg


茶の間に戻ると、
仲良く『ボク』と、『すみこ』

7_201705122038016c2.jpg


ちょっと計算ミスな部分もありますが、なんとか猫部屋からの脱走防止対策、完成~~

8_20170512203803e5d.jpg


窓対策間は、時間なく、また今度、、と、なりました。

トイレ掃除をして、、
さて、帰ろうか、、

『すみこ』が、缶詰待っていた~~っ!

『マル美さん』の手との、ツーショット♪

9.jpg


猫部屋の子、
尻尾ゴロンの2匹.、
メス5.6は『コロンと、ゴロン』。

メス1、2、4は、、、
何て付けよう、、、

考え中です。
任せといて~~(笑)


増えすぎた猫、、と、なる寸前

5月3日。
この日は、オス①の手術。
13時に病院へ。
オス①は抱ける子なので、捕獲といったことではない。

少し前に、現場に。
『マル美さん、私』。
外にいたオス②を捕獲したい為だ。

この子は、何度かしか見かけていない。

待つ間、術後ゲージにいる猫たちのご飯やトイレのお世話を。
『マル美さん』綺麗にしてくれた。

私は、荷物で窓が塞がり、日の当たらないゲージを何とかしようと、荷物移動。

お。少し明るくなった~~、、って、思ったら、次々やりたくなって、

別部屋の子の荷物移動も。

『マル美さん』も、人使いの荒い私で、大変です(笑)

13時、『マル美さん』が、オス①を連れて走ってくれました。

翌日4日。私、8時のお迎えが、、

寝坊しました!

13時に変えてくれました。
先生、すみませんっ!!

無事に手術を終えました。

1_20170512202803cf9.jpg


オス②の姿を見ません。
餌やりさんの話でも、、
『マル美さん』にも見に行ってもらったりしましたが、
外に猫はいない様子。

最初、外に白い子が2匹と聞いてましたが、シャム系の子も、メス①の姿しか見ていなく、、

外に、ご飯がなくなったのと、発情中のメスの姿がなくなった事もあるのか、

そこで、2度は見かけていたオス②を、どおするか、、

振興局の方にも相談。

いまさら、置き餌をして、呼ぶ必要はないと考えました。

オス②は、今までの子とは、ちょっと離れていて、
餌やりさんの話でも、知らない猫だと言っていた。
ホントか?と、思うが、、

行った時に、姿があるようなら、捕獲します。


術後のお薬も、終わりました。
その後は、どおするか、、と、悩み、、

猫たちのその後は、どおするか、、

今まで通りの外の猫とするには、勿体無いくらいに懐こい子がいたりする。

餌やりさんと話すが、その時々で、話す事がかわる。


こうしよう、、と、思ったのは、
今まで通りにしたとして、ご飯は外に置きっぱなしではだめだよ。と、話すと、
中にはいってくると思う。と、言った事。

だったなら、外に出さないほうがいい。と、話した。

餌やりさんが倒れたら、、?と、心配するが、それは、外に放しても同じ事だな。と、思った。

餌やりさんには、元気でいてもらおうと思うのと、何かあった時には、なんとかせねば、、と、覚悟をきめた。

5/9
猫部屋を作ろう、、と、一部屋をあける。
『ゆきさん、あけみさん、マル美さん、私』。

言葉では言い表せれないほどに、大変な作業です。

作業中、逃しては困るので、
フリーになっていた『オス①、メス⑦、メス⑧』を、ゲージに入れました。

女の子、抱けるかな、、と思いつつ、タオル被せて抱いてみた。
大人しい子らです。


そんななか、仔猫5匹のうち、残る2匹のお見合いがありました。

少し風邪症状があり、あともう一回治療があるのと、お仕事休みの考えから、16日にお渡しと、なりました。

仔猫たち、大きくなってました。
仔猫たち5匹、良い方ばかりに出会えて、、、最高です♪
安心しました。

koneko.jpg



お薬管理にゲージってしたはずが、放れてしまったメス⑧。
この子は慣れそう、、と思ってた。

なんだよ!
術後はなれてしまってからは、なかなか近くに来てくれなかったのに、、
今日は、出てきてくれている。
私でも抱けました。
写真は、『あけみさん』に抱っこされて、、。

可愛く撮れてないですが、とても小さく可愛い子です。

私、見る目はあります。(笑)

こんなに可愛いのに、餌やりさんは、この子の事をわかってなかった。
今まで何を見てたんだ??

securedownload (1)



まだ、他の部屋への脱走防止や、窓からの脱走対策をしなければですが、
10時半から、終わったのは15時半くらい。

とりあえず、猫部屋、完成~~!

securedownload (2)


ほら、、
だから~、、!!
餌やりさん、すぐに閉めないから(怒)

メス③、猫部屋から出てしまいました。

それでも、私的に慣れるかな?と思った、ゲージにスリスリしていた子なので、
その子で良かった。

気をつけてください、、


私のミスも。
半分諦めてたオス②、外に姿を見せました。

捕獲を試みます。

ちょっと焦って、意気込みすぎた。
捕獲のプロと、言いたいとこでしたが、、ミスりました(汗)

あ~あ。

猫部屋完成に、餌やりさんも、びっくりしてました。
お蕎麦を、ご馳走してくれる。と。

お昼も食べずにだったので、遠慮せずに、ご馳走になりました。

そうしてくれるって事は、餌やりさんも、猫部屋完成に喜んでくれているからと思い、それが嬉しく思いました。

お蕎麦をたべながら、、
餌やりさん、
外に仔猫の姿を見たことがない。
家のなかじゃないと、育たないんだね。と。

そう。
わかってくれた?
今回、メス8のうち、7匹のメスから31匹の赤ちゃんがいた。年に2回や3回の出産。

毎年、一年に、100違い頭数の赤ちゃんが死んでしまっているんだ。

それを、手術することで、やっと少し感じてくれたんだと思った。

この方だけのせいでは、ない。

散歩に歩く人の中にも、無責任に餌やりをする人がいた事だろう。

全責任を負担してくれた今回の餌やりさん。
ちょっと、可哀想にも思うが、頑張ってほしい。

こちらが、一生懸命にやれば、ちょっとちょっと前向きになってくれる。

怒ってばかりではダメなんだ。
仲良く、、、

猫の為に。


猫部屋、できた!できた~~!、
これ、すごい事。
達成感、、(笑)

私一人ではできなかった。
仲間がいてくれた。

みんな、顔から鼻の穴まで真っ黒だ。

人使いの荒い私。
ライフの仲間、、ほんと、ありがとう。


増えすぎた猫、、と、なる寸前

5月2日 朝。
『ゆきさん』から連絡が。

昨日手術のメス⑤が、麻酔が効かなかったとの事。先生から連絡があったようだ。

メス⑥は、今生まれてもおかしくないくらいだったという。

6_201705091822332d2.jpg


メス⑤を産ませたい、殺したくない『ゆきさん』。
一匹くらいは、、と。

私は、できるものなら手術したいと言った。

朝から、口論になる。

仔猫が生まれて全頭飼い主を探してあげれるものか、、
決まらなかったら、餌やりの人も、ゆきさんも、年齢的に、飼えないだろうと。

仔猫に飼い主を探してあげるのに、写真を取りに行かなきゃならないなどの事がある。
誰がそれをできる?

いつ体調を崩すかわからないうちの犬たちの事がある今、
待ったの効かない仔猫の成長に、自分の時間を費やす覚悟が、決まらない。

今までの子の命を消してきて、この子の子だけ、、とも、できない気持ちもあった。



10時30分『ゆきさん』お迎えに、『マル美さん』が、ゲージ移動の為に、現場で待つ。
よそ様のお宅に入るために、できるだけ2人で行動している。
ゲージ移動で、逃しては困るので、2人で行う。


その間、私は遠くの病院の先生に相談していた。
明日から連休。
手術はいつできるか?と。麻酔した翌日にはできる話だが、10日以降なら。の事だった。
産ませる事になる。と、思った。

その後に、一匹なら、今日できる。と、言ってくれた先生。

すぐに『マル美さん』に連絡。
ゲージ、移しちゃった?

まだ、移してなかった。
助かった。

そのまま連れてきてくれないか、、?と、お願いした。

『ゆきさん』の気持ちを無視した。
これから生まれる命を消す決断をしたのは私だ。

14時までに病院に行く。
急ぎつつ、安全運転に心がけ、、
頭の中は、大きく育っていたらどおしよう、、
動いていたらどおしよう、、と。
そして、母体は大丈夫か、、と。

前日の子の時も、そんな事を考えていた。

動いていたなら、、
生かしたい気持ちになり、必死に助けようとしてしまうかもしれない。
母体に何かあれば、続く麻酔をかける事を決めた私の責任だ。


赤ちゃんは、その前の子たちの時より、小さなものだった。
それでも、命を消した事には変わりない。

メス⑤は、帰りの車内で、泣き声をあげるくらいにまで、麻酔がさめてきて、安心した。

5-1.jpg 5-2.jpg


釧路着。
『マル美さん』が、来てくれた。
有難いです。

ありがとう。


増えすぎた猫、、と、なる寸前

30日、13時。
メス③④のお迎えに、『マル美さん、あけみさん』が行ってくれました。

メス③のお腹には、3匹の赤ちゃんがいました。
今生まれてもおかしくないくらいな状態だったとの事。

メス④のお腹には、5匹の赤ちゃんがいました。
この子も、あと、2、3日したら生まれていたかも、、と、いうくらいな状態だったようです。

あけみさん、マル美さんには、辛い思いをさせてしまいました。

1_20170508202015303.jpg 2_2017050820201787e.jpg


お腹の大きな子は、ちょしたくない。と、強く思う『ゆきさん』は、病院に連れて行くのも、
お迎え時に赤ちゃんをもらってくるのも、出来ません。
見れないのです。

誰もが、お腹の赤ちゃんを殺したい訳ではないのです。

ですが、現実、
ほとんどの猫が、妊娠しているとわかり、全ての猫が出産したならば、、
荷物の多い家で、どお管理できるものか、、
ケージでずっと、、など、狭いケージしか用意できない場所では、無理がある。
何十匹生まれるかな仔猫の、飼い主を見つけてあげれるものか、、
決まらなかった仔猫を飼育できる年齢の方ではない。
保健所には、これから、次々に仔猫が収容される。

どこで線を引くか、、

まだ生まれていない事。
でも、生きている。

それでも、仕方ない。
生まれた仔猫の募集をするにも、いろいろと、やらねばならない事がでてきます。

私の力不足です。

産ませてやれなくて、申し訳ない。
生かせてあげれなくて、ごめんなさい。

2匹が末期とわかり、
悩みました。
他の子も、、
もし、荷物の多い家で、、どこかで産んでしまったら、、

その後の手術は、5月3日の予定でした。
先生に無理なお願いをし、1日に2匹の手術をお願いしました。

遠くの病院の先生に相談し、
手術出来なかった猫、1ヶ月待たずに手術できる話から、お願いする事にしました。

遠い病院には、朝8時に到着予定。
6時には出発。
逆算して、早朝4時に捕獲予定。

5月1日。
なぜか、悩んでたからか、、
1時に寝て、3時に目覚めました。

行くと、
家の中に5匹いるって言う。

え??
家の中に離れているのは、男の子一匹を入れて3匹の計算。
もしかして、隠れてる子がいたなら、4匹いるかな、、くらいだった。

予定より、2匹多い4匹を捕獲。
出産に向けて、広いケージにした子らを、ケージに移す。
これは、頭を使い、、
さすが!と、言ってもらいたいほどの腕前です。

(前日の夜にシュミレーションしましたから、、)

手術できなかったメス①②、⑦⑧を連れて、私は、遠くの病院に走りました。

メス⑤⑥は、8時までに病院との事で、『マル美さん、ゆきさん』が、迎えに来てくれました。


メス①②、⑦⑧の手術を終えました。

最後に手術したメス②のお腹をみて、私でも、わかりました。

産んだあとです。

それだけは避けたかった。

卵巣の黄体から、2匹が3匹の赤ちゃんを産んだであろう。
オッパイの感じから、1匹だけしかいなかっただろう、、

術後でもオッパイはでる話。
子宮卵巣に関係なく、おは、脳の、ホルモンで出るものらしい。

なら、母猫を直ぐに放したら赤ちゃん間にあう?
生きてくれてる?

どこで産んだかもわからない。
探す事も困難です。

手術した子宮の感じから、赤ちゃんは、1ヶ月や1ヶ月半には、なってるだろう。

待てよ。
赤ちゃん、、すでに、いないのかも。
オッパイの張り方、今々吸っていたとは思えない感じだ。

知らずに、出産させるしかないと考え、ずっとケージの中だった事を考えたら、、

そう思えば、
再度、手術する事を決めて良かったと思う。

securedownload_20170508203836bd6.jpg


メス①⑦⑧は、妊娠30日くらいだった。

手術に立ちあい、
命がなくなる時を目にしてきた。

生きていたのに、
ごめん。と、謝るしかできない。

securedownload (1)securedownload (2)

8.jpg 7.jpg


●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
カテゴリ
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する