捜索願い!

新しい飼い主さんの元に行ってから、わずか1時間もしないうちに、いなくなってしまった仔猫。

8月9日午後5時半
川北8番36 の、
東部産業さんと、隣のお宅の間を逃げていったところまで確認しています。

連日捜索するも、
2日後の夕方に、いなくなった場所に目撃情報がありましたが、その後の目撃情報はなく、
8/22 子猫の鳴き声がする!との事で捜索するも、その後に鳴き声はなく、見つけられず、、

8/24 深夜
新釧路公園に
ウニなのか?!
小さめな黒っぽい猫。


なんとか見つけたい。

些細な情報で構いません。
最近、どこかわからないけど、子猫の鳴き声がする。など、


拡散、よろしくお願い致します。

securedownload_20170830212702c6d.jpg

ケータイ、スマホの方はココをクリックしてください。電話がかかります。

新しい飼主さん募集中!

securedownload (3)  ** 現在募集中のコの記事に移る **
  メールはこちら  メールフォームからでもOKです

  現在募集中のコ達の経過については、カテゴリごとに更新しています。
  募集中のタイトルがカテゴリになりますので、サイドバーのリンクより御確認ください。
  全てのコに新しいおうちが決まり、終了した案件については
  「Life」のカテゴリに収納されていますので、過去記事より御覧ください。

迷子の犬・猫情報
釧路保健所に届けられた迷い犬と猫を掲載しています。保管期間は原則4日間です。      
保管期間を経過した犬・猫は、原則釧路総合振興局保健環境部環境生活課にて
新しい飼い主さんを探す取り組みを行っています  → 飼い主を探している犬・猫情報

犬・猫の新しい飼い主探しについて
道では、保健所で引き取った犬・猫の尊い命をできるだけ救うため、また、道民の動物愛護精神及び
飼育モラルの向上を図るための「新しい飼い主探しネットワーク事業」を、平成14年7月1日から
実施しています。釧路総合振興局では、次のとおり新しい飼い主を募集します。
※ ただし、新しい飼い主の対象者は道内在住の方に限りますのでご了承ください。

* 夫々リンク先より抜粋

写真展『ワンニャンからのメッセージ』

いまの時代、家族同様に可愛がられている犬猫ですが、
その陰で、迷い犬や野良猫、、飼育放棄された犬や猫が沢山います。

テレビや新聞では、子供や友達に対して、虐めや虐待、殺害に至るまでの悲しい事件を耳にします。

相手の立場になれない。痛みや悲しみを知ろうとしない。
命の大切さがわかっていないものと思われます。

目的
写真展を通じて、犬や猫の現状を伝え、自分より弱い者への優しいきもちや、思いやり、命の大切さを伝えたいと考えます。

これから成長していく子供たちに、見て知ってもらう事で、相手を思いやれる優しく責任感ある人間に育ち、これからの時代が、良いものに変わっていくようにと考えます。

写真内容
犬猫の現状
保護当初と現在の写真
外生活をする野良猫
多頭飼育放棄の末
家のある飼い主のいる犬猫


写真展は、
釧路市内の小中学校にて。

教育委員会にて了承いただき、各学校に案内をしてくださいました。

1年、もしくはそれ以上の期間を考え、各学校にご協力願いたい考えです。

写真展を機会に、各学級で、命の事を話し合える時間を設けて頂きたいお話をしています。

朝会などで、少しお話できたら格好いいのですが、、(笑)
まだまだ、力不足です。


弱い者へ優しく。
相手の気持ちになって考える事のできる、責任ある大人に育ちますように、、と、願って。

securedownload1_20171122093206177.jpg


幸せ便り♪

10/22
着信あり。

「いま、家の前です」と。

お~~!!


もう少して2年。

12月末、
飼い主さんが亡くなり、保健所に収容された中型犬4匹がいました。

このままでは、正月休みの前に処分になってしまう、、

焦って声かけに必死でした。

そんな時に、知人の紹介により、
気にかけてくれてくれた方が!
残る2匹を連れて来てくれました。

その後、お伺いさせていただき、、
大きな綺麗なお宅で、優しいご夫婦の元に、以前からいました?なんて様子な2匹が。

2年たつ今、「もうすっかりうちの子です」と。
どこに行くのも一緒らしいです。

ラブちゃん、ハッピーちゃん
よかった。
助けてもらったね。

そんな気持ちをわかるのか、飼い主さんが優しいからか、、

とてもいい子なふたり。

穏やかな日々が想像できます。

飼い主さま、
ふたりを家族に迎えて下さり、ありがとうございます。

securedownload (2) securedownload (3)

securedownload (4)

北海道新聞ポケットブック

先日(釧路では、10/17に配達されました)北海道新聞と同時に配られたポケットブック。

securedownload_20171025214222c98.jpg securedownload (1)


その中に、
『外に慣れさせよう』と、いう内容が書かれていました。

securedownload (2)


『時々でいいので、車に乗せて外出してみたり、
友達の家に遊びに行ったりするなどして外慣れをさせておきましょう』
と、いったものでした。

私たちは、
『猫は完全室内飼育を!』と、訴えてきている中、
外に慣れさせるなどとは、どういう意図があっての事なのか、確認させていただきました。

札幌市内の動物病院の先生にお話を伺った上で、作成されたお話でした。

冊子にも書いてあるように、
病院での治療時に、興奮してしまう猫が多い事からの、アドバイスのようでした。


注意!!
外慣れといって、
車に乗せての事、友達の家に行く事は、そのまま猫を外に出す話ではなく、
キャリーケースに、必ず入れてください。

そのような訂正があって欲しいのですが、
訂正や、追加文章のものを、発行の予定はないとの事でした。

この度、ブログに書きたい話を承諾頂きました。


保健所には、迷子となって、時には負傷して保護される猫が沢山います。

重要!!
猫に外を教えてはいけません。
猫は完全室内で、飼育してください。


病院などで、暴れる猫の場合には、洗濯ネットに入れるなど、対策をすると良いです。

人慣れしている猫は、治療時に、とても助かりますが、
そのために、外に連れ出す事は万が一の外への飛び出しを考えた時に、危険が多すぎると考えます。

今、病院なとで、大騒ぎになってしまう猫を飼っている方、
今から外(人)慣れさせようなどとする事は、猫に大きなストレスを与える事になる事と思います。

パニックになってしまった猫は、飼い主でさえ、おさえきれません。

それが、外であれば猫は逃げてしまいます。


猫は、
完全室内飼育をしてください。

病院などへの移動時にはキャリーバックに入れ、扉がきちんと閉まっていることを確認してください。

愛猫を、危険な外から守れるのは、私たち飼い主です。

●物資の御支援のお願い
毛布、タオルケット、フリース、タオル等、フード(犬猫)、猫用トイレの砂など、お世話用品全般とフード類は常時不足しています。送っていただける、または釧路市近郊の方で持参して下さる場合は下記メールフォームより御連絡下さい。折り返し御連絡させていただきます。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
検索フォーム
最新記事
Twitter
oghDwCZO_400x400.jpeg  
Facebook
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
QRコード
QR